\簡単手続きスピード発行/
法人・個人事業主ETCカード
※クレジット機能なし
※複数枚数発行OK

クレジット機能のないETCカードを作る方法

クレジット機能なしの法人用ETCカードを作る方法を探していますか?

 

法人は個人のように簡単にクレジットカードが作れません。個人だとクレジットカードが簡単に作れて、付帯するETCカードも用意に発行できますよね。

 

カード会社によっては、ETCカードの発行が無料のところもあります。これが、法人だと簡単にはいきません。

 

とくに、設立したばかりの新会社個人事業主は、クレジットカードやETCカードを作るのは難しいのが現状です。

 

それを解消するETCカードは、ETC協同組合のETCカードです。

 

このETCカードなら、インターネット申込みで作ることが可能ですよ。

 

法人etcカード,クレジットなし

 

発行方法は必要書類をそろえて、申込みフォームに記入するだけ。

 

一番簡単に法人ETCカードを作る方法です。

 

普通ならクレジットカードの発行が難しい新規設立の法人でも申し込み可能です。

 

法人etcカード,クレジットなし

 

ETC協同組合のETCカードは出資金が1万円必要ですが、これは脱退時に返金されます。

 

あとは、取り扱い手数料がカード1枚につき年間864円と、カード発行に864円/枚かかります。

 

個人のETCカードのように無料というわけにはいきませんが、ETCカードの高速料金割引があるので、絶対に作っておくほうが得ですね。

 

この他にも、面倒なマイレージ登録もやってくれるので、とても便利で簡単です。

 

インターネットで簡単申込み
法人etcカード,クレジットなし法人ETCカードを今すぐ発行する
※クレジットなし
※複数枚数OK

必要書類

●法人…履歴事項全部証明書(発行3ヶ月以内のもの)(写し可)
●個人事業主…所得税確定申告書(写し)
○車検証(写し)
○ETC車載器セットアップ証明書(写し)

 

 

ETC協同組合のETCカードのメリット

  1. 現金をもたせる必要がなく、クレジット機能がないので安心
  2. 必要枚数発行OK
  3. 利用明細(請求書)で管理が簡単
  4. 入口、出口のインター名記載
  5. カードごとに金額が明確に出る
  6. ETC車載器がなくても手渡しで利用可能
  7. 時間帯等により30〜50%割引適応(マイレージポイント対応)
  8. レンタカー、従業員の車でも利用可能
  9. 新会社・個人事業主でも申込み可能

↓クリック
法人,etcカード,作る,クレジットなし

 

 

ETC協同組合のETCカードのデメリット

年会費無料ではない。

年間カード1枚につき864円かかります。

 

スピード発行ではあるが即日発行ではない。

書類を送付した後、10日程度かかります。
即日発行ではありません。
しかしこれは、普通のクレジットカードのETCカードと差はありません。

 

 

使っています。レンタカーでも利用できるETCカード

最近は社長ひとりだけの会社も増えていますし、法人化せずとも屋号で活動する「個人事業主」の数は増加の一途をたどっています。

 

そんなひとり社長や個人事業主の頭を悩ませているのが、交通費に関する経理ではないでしょうか。

 

特に高速道路の利用料金に関しては、乗る回数が多かったり、領収書や利用証明書がたまってしまったり、はたまた紛失してしまったりといろいろ面倒だと感じる人も少なくないと思います。

 

そんな諸問題を解決してくれるのが、「法人ETCカード」です。

 

一般的なETCカードでも同じ割引が受けれるのに、なぜわざわざ法人用のカードにした方がよいのかといった、疑問を感じる方もいると思います。

 

その理由は会社の経費と、個人としての出費をきちんと区別させるためです。

 

一般のクレジットカードに付随するETCカードを利用していると、月々の収支計算はもちろん、税務署への申告書作成時や確定申告の際にとても面倒な思いをすることになります。

 

ETCカードを法人用にすることで、一般用のカードとは明細が明確に分類されるので経費処理が非常に楽になります。
また、法人用のカードを利用することで経営が健全化されるうえ、企業の信頼性を高めることにもつながります。

 

それに法人ETCカードは必要な枚数が発行できるので、従業員同士で高速道路の利用が重なっても問題ありません。

 

ETC専用カードなので、純粋にETC走行のみに使うという点は重要です。

 

不正利用を防ぎながら、従業員に現金を持たせる必要もないからです。

 

走行記録も残される上、ETCカードの利用後には「利用明細書(請求書)」が発行されます。また、車両制限がないので社用車のみならず、レンタカーなどでも利用できることもメリットの一つです。
まさに一石二鳥とも言えるでしょう。

 

法人etcカードTOPへ

 

フリーランスや小規模の個人事業主でも交通費計算が楽になった

法人etcカード,クレジットなし

 

先日、友人と飲みに行った際に役に立つ話を聞きました。
友人は私と同じフリーランス(個人事業)のIT関係の仕事をしています。

 

まぁ同業ですね、そこで最近の業界の話をしていたのですがその際に趣味の話になり役に立つ情報をGetしました。

 

友人の趣味はドライブでよく高速道路を使っているとか、料金はETCカードで通行してるようで、法人用のETCカードが個人事業主でも作成できるとのことメリットがあると言うのです。
普通のカードと何が違うのか詳しく聞くことにしたのです。

 

ETCカードを使うとマイレージが貯まり、平日朝夕の割引があるようです。
「飛行機か」と大笑いしたものです。

 

お酒の席だったのでちょっと疑ってましたが、自宅で調べると確かに私でも入れる条件のカードでした。
詳しく調べるとほんとに役に立ちそうです。

 

法人用のETCカードにも一般のETCカードと同じように、ご利用に応じた割引制度があります。
例えば「深夜割引」なら30%OFF、「休日割引」の場合は50%OFFなど、ETC専用ゲートを通過するだけで割引の対象となります。

 

また、法人ETCカードは必要な枚数が発行できるので、従業員同士で高速道路の利用が重なっても問題ありません。

 

クレジットなしの法人ETCカードには様々なメリットがあります。

 

基本的な割引に関しては先に述べた通りですが、安全性という観点でみると「クレジットなし」かつ「ETC専用カード」なので、純粋にETC走行のみに使うという点は重要です。
不正利用を防ぎながら、従業員に現金を持たせる必要もないからです。

 

走行記録も残される上、ETCカードの利用後には「利用明細書(請求書)」が発行されます。
また、車両制限がないので社用車のみならず、従業員の車やレンタカーなどでも利用できることもメリットの一つです。

 

まぁ私のメリットとしては確定申告時の交通費を計算が楽になることですね。

 

法人etcカードTOPへ

 

クレジット機能がないほうが都合がいいケースもある

カードをどのくらい持っていますか。財布に収まり切らない程たくさん持っている人もいると思います。「いつまで有効だったかな」、「残高はどのくらいだったか」と思う時もあるかもしれません。

 

しかし車を運転する人にとって、ETCカードは欠かせないものと思います。高速道路を使う度に料金を払うのは時間が掛り、足りなかったら大変な事になります。

 

そのETCカードですが、個人向けと法人向けがあります。大きな違いは、個人向けは初期費用・年会費が掛からないものもあり、法人向けは初期費用・年会費が掛ります。法人用は複数枚持つ事や、走行区間などが記された明細が発行される場合もあります。

 

しかし、法人として利用する場合クレジットがない方が都合が良い事もあるでしょう。ETCとクレジットと両方払うのは大変で、振込先が別々な場合も支払いが面倒です。反面複数のETCカードを持つ事ができ、会社の車でもカードを使う事ができるのです。いつ何処を走ってどのくらいお金が使われたかを明細として残す事も可能です。

 

さらに、最大の利点はクレジットカードを作らなくてもETCカードを利用できる点でしょう。料金を払う為だけにクレジットカードを作るのは勿体無いと考える会社もあるはずです。ETCパーソナルカードなど、クレジットを作らなくても発行可能なETCカードもあるのです。

 

法人向けETCカードは特定の時間帯に割引されたり、利用状態を記した明細を発行したりしてくれる場合もあります。クレジットの審査がいらないので労力と時間を短縮する事もできます。

 

法人・個人事業者におすすめETCカード
法人,etcカード,作る,クレジットなし
こんな人におすすめ
・法人設立5年未満の企業
・独立まもない個人事業主
・カード会社に法人ETCカードを作ってもらえなかった方